猫の慢性腎不全

猫の慢性腎不全

慢性腎不全とはどんな病気なんですか?

腎臓がダメージを受け、その働きの75%が失われると、本来であれば尿として排出されるべき老廃物が体内に蓄積され始めます。このように腎臓の機能が低下した状態を腎不全と呼びます。

腎臓の働きが徐々に低下した状態を慢性腎不全といい、高齢のネコちゃんほど発生頻度が高くなります。

どのような症状が出ますか?

慢性腎不全では、尿を濃くする力が低下するため、尿量が多くなる一方、尿として体から出て行った水分を補給するため水をよく飲むようになります。

また、腎臓の働きがさらに低下すると、腎臓から排出されるべき老廃物が体内に蓄積してしまい、尿毒症になってしまいます。

症状としては、食欲や元気が無くなったり、体重の減少、嘔吐、下痢など多くの症状が現れます。

どのような治療をする?治るのですか?

一度機能が低下した腎臓は治療しても元に戻ることはなく、少しずつ悪化していきます。したがって、できるだけ症状を緩和させ、また腎臓への負担を軽くしてあげることが治療の目的となります。

治療方法としては、腎臓への負担を軽くするため、低タンパクでナトリウムやリンを制限した食事療法を行います。また、血液検査や血圧測定を行い、ミネラルの乱れがある子や高血圧になっている子には必要に応じてサプリメントや降圧剤、血管拡張剤を処方します。

もし脱水が重度の場合は皮下点滴をして、脱水の進行を防ぐ必要もあります。

ネコちゃんのために飼い主ができることを教えてください

慢性腎不全の治療には、飼い主様のご協力も必要となります。

生涯の食事療法はもちろんですが、状態に合わせたお薬も続けなければなりません。大変だとは思いますが、継続することで、腎臓へのダメージを減らすことができます。

状態が落ち着いている子には、通院での処置ではなく自宅での皮下点滴をお願いすることもあります。皮膚の下に輸液剤を短時間で注射する方法です。病気の時には可能な限りストレスを避けることも重要で、特に神経質な子や高齢の子であれば、自宅での治療の方が良いこともあります。

当院の強みと当院ならではの治療法は?

こまめに血液検査や血圧測定を行うことによってその子にあったベストな治療をご提供できると思います。

また、他院にて皮下点滴に通院されている方がいれば、当院獣医師が自宅での皮下点滴のやり方を直接指導させていただいて、通院ストレスを可能な限り減らしてあげれればと思います。

他にも、予約システムをご利用していただくことで、待ち時間を少なくしネコちゃんのストレスを減らすことができます。待合室でも他の子と離れて待っていただけるスペースが確保してあります。

さらに、西洋医学だけでなく中医学を取り入れた診察・治療を行うことが出来るのでより効果的な治療法をご提供できると思います。

style="border: 0" width="300" height="265" frameborder="0" scrolling="no"> -->
copyright 2019 tateishi animal hospital all rights reserved.