Medical

診療案内

Reception

受付

対象動物

犬 / 猫 /ハムスター / モルモット / チンチラ / フェレット / うさぎ

診察時間

365日 10:00 ~ 19:00

※ 祝日も受け付けております。
※ ご来院の際はご予約し、お越しください。
※ 13:00~16:00は検査手術の時間になります。
※ 最終受付時間は19時00分になります。
※ 学会出張などにより休診することがあります。
※ ご予約されずに来院された場合、緊急時以外は予約優先となるため、お時間かかることをご了承ください。
※ 緊急時の方は対応できますので、お声がけください。

対応保険

アニコム

アイペット

その他各社保険も対応しています。

保険証があれば、窓口精算可能です。
※ 必ず保険証をご持参ください。

対応カード

VISA

マスター

JCB

アメックス

Diners Club

Discover

電子マネー各種使用できます。

一括払いのみとなりますので、分割払い御希望の方は決済後に各クレジット会社様へお手続きをお願い致します。
現金での分割払いおよび、後払いは行っておりません。

ご予約

登録用紙ダウンロード

緊急時・予約が入れない場合はお電話ください!可能な限りご対応させていただきます。
042-452-8838

Subject

診察科目

総合内科

経験豊富な獣医師が病気の治療からしつけ・飼育方法まで幅広い知識を持っています。『病気の早期発見・早期治療でいかに生活の質を落とさず病を食い止め、進行させないか』を大事にし、この為に各種医療機器も完備しました。
各獣医師が総合診療医ですが、専門・特化した分野を持ちセカンドオピニオンの受診もお気軽にご相談ください。1件1件丁寧に分かりやすく最善の治療をご提案します。

立石→循環器科・腎泌尿器科・腫瘍科
薬袋→歯科口腔外科・東洋医学(鍼灸・漢方)
重富→一般外科・内分泌科
を得意分野としています。

各種外科手術

タテイシ動物病院では去勢・避妊手術、歯科手術から各種腫瘍外科、腹部軟部外科、整形外科まで経験豊富な院長の下、多くの外科手術に対応できます。
手術において最重要な麻酔には、人間の手術でも用いられる万全な麻酔器・人工呼吸器・生体モニター・温風保温機を用意し、わずかな変化にも細心の注意を払うことができます。
有能な電気メス・血管シーリングシステムも完備し、ペットの負担をかけない手術の時短化と確実な止血、縫合糸反応の回避をしてくれます。
手術については無理な・不要なご提案はせず、飼い主様に充分に手術の必要性とご説明・ご理解をいただいた上で行うようにしております。

各種ワクチン・予防

混合ワクチン・狂犬病ワクチン・フィラリア、ノミ、マダニ駆虫といった予防治療にも力を入れています。特に近年流行しているマダニ媒介によるSFTS(重症熱性血小板減少症)が日本各地で報告されワンちゃん・ネコちゃんから人への感染による死亡者も出ており、マダニ対策を強く奨めています。
当院では春の時期を限定して1年間に行うべき予防ケアを全部セットにした、まとめてお支払いいただくと超お得(最大40%OFF)なキャンペーンを行います!
→詳細はこちら

東洋医学(鍼灸・漢方)特殊治療

国際中獣医学院認定の中獣医鍼灸師が治療を担当します。
椎間板ヘルニア・関節炎などの運動器疾患、腎不全などの泌尿器疾患、下痢・便秘などの消化器疾患など幅広く適応し、内科・外科治療と併せることでもより効果的です。
老齢のペットのアンチエイジング(免疫力向上)にも受診される方が多いです。
→詳細はこちら

Price

料金

初診料 1,500円
再診療 1,000円
犬5・6種混合ワクチン 5,000円
犬8・9種混合ワクチン 7,500円
狂犬病ワクチン 3,000円
※ 別途、近隣市内役所への当院による手続きを希望される方は新規・継続料がかかります。
猫3種混合ワクチン 5,000円
猫5種混合ワクチン 7,500円
フェレットワクチン 4,000円
猫・去勢手術
(麻酔・抗生剤・術前血液検査等手術にかかる総額として)
30,000円前後
猫・避妊手術
(麻酔・抗生剤・点滴・2泊入院・術前術後血液検査等手術にかかる総額として)
55,000円前後
犬・去勢手術
(麻酔・抗生剤・術前血液検査等手術にかかる総額として)
40,000円前後
犬・避妊手術
(麻酔・抗生剤・点滴・2泊入院・術前術後血液検査等手術にかかる総額として)
65,000円前後

Prevention members

犬予防ケア会員

3/15~5月末まで

4/15まで入会で通常価格より10%OFF

Prevention members

猫防ケア会員

5/1~6月末まで

Special medical

鍼灸・漢方・特殊治療

~鍼灸治療とは~

中医学の治療法の一つで、体表のツボ(経穴)を刺激することで、 身体が本来持っている力を回復させ、病気の治療や予防を行います。

~漢方薬について~

体質や症状に合わせて、その子にあった漢方薬を処方し、 体質改善を目指し、病気の治療や予防を行います。
当院で処方する漢方薬は動物用に調剤された物を使用しております。 漢方薬と聞くと、「苦いお薬」のイメージがあるかと思いますが、 ヒト用の物より、比較的飲みやすくなっております。

~適応について~

椎間板ヘルニアや関節炎などの運動器疾患に特に有効です。 それ以外に、腎不全などの泌尿器疾患、下痢や便秘などの消化器疾患にも 効果があります。 また、近年のペットの高齢化に伴い、アンチエイジングを希望する方も増 えています。
適応疾患
運動器系疾患(椎間板ヘルニア、関節炎)
神経疾患(神経マヒ、神経痛)
循環器、呼吸器疾患(咳の軽減など)
消化器疾患(下痢、便秘、胃腸炎)
泌尿器疾患(腎不全、尿閉)
皮膚疾患(痒みの軽減など)
アンチエイジング(免疫力の向上など)

~鍼灸治療をご希望の方へ~

鍼灸治療は完全予約制(13:00~16:00)で行っております。 ご希望の方は、まずは一度診療時間に診察を受けて頂き、鍼灸治療の予約 をとっていただきます。

copyright 2019 tateishi animal hospital all rights reserved.